• ログイン
  • 買い物かごをみる
  • 新規会員登録

メールの受信に関するお願い

お客様の声

メディア掲載実績

えっちゃん特選仁多米
えっちゃんの仁多米無農薬米【玄米】

えっちゃん特選仁多米島根県産コシヒカリについて

山の沸水、自己所有の山から切り出した木を炭にして散布し肥料としています。化学肥料、農薬(除草剤)散布はしていません。乾燥機は使用せず、はで干しをした昔ながらのじっくり旨味を蓄える製法です。有機、無農薬栽培のコシヒカリです。


常識はずれがわしらの常識

えっちゃんの田んぼは、今まで一度も農薬が使われたことが無く、そして山のてっぺんの、山から最初に流れてきた飲めるほど綺麗な水が田んぼに流れています。そして、完全無農薬、自然農法で、化学肥料も一切使わない、そんな、ありえない環境とありえない手間をかけて育てられた宝のようなお米です。


非常識その1 農薬を使ったことがない田んぼで育ちました

化学肥料や農薬を使わないことは渡部さんの農業ですが、もうひとつ化学肥料や農薬がいらない農業をすることが目標の一つでもあります。渡部さんが除草剤を使わない為に今取り組んでいるのが、米ぬかの散布です。水田の表面にトロトロとした膜を作るので、雑草を抑制する働きがあるのです。肥沃で健康な土から出来た米は、安心安全である事はもちろん、本当の美味しさがそこにあるのです。

非常識その2 化学肥料は全く使っていないんです

いいお米はやはり土作りから行います。だから化学肥料は一切使いません。米ぬかや油粕、自分の山から切り出した木を自分で炭にし、それを撒くんです。
「この水と、この土がわしの宝だけん。一度も汚れたことがないけん、守り続けらんといけんと思っとるよ」えっちゃんの強い想いです。

非常識その3 じっくり乾燥するから、旨みが違うんです

秋の収穫したお米は、はで干し(天日干し)をしています。「はで」とは、竹で組んだ高さは3メートルくらいの干し場で、刈った稲を掛けて乾燥させます。朝晩の寒暖が激しいこの地域では、じっくり乾燥させることによって旨味が増すのです。

非常識その4 毎日毎日 田んぼを見守って育てました

台風・日照りでも、毎日、田を見回るんです。暑い日、腰の痛い日でも田んぼは待ってくれません。田んぼの土と稲の状況を毎日見ているから、お米の健康状況は最高なんです。そんなえっちゃんの愛情をたっぷりと受けて育っているお米なんです。


たくさんのおいしい声をいただきました

2

東京都 女性
寺嶋 和子さん

購入商品
米、餅、野菜、竹酢液

島根のえっちゃんの田んぼを見に行っているが、
あの環境の素晴らしさを見ているので、安心している。
きっかけは、料理研究家中村成子先生の料理教室で紹介されたことでした。購入歴は8年です。食の安全を考えると、スーパーで出回っているものは偽装の問題などがある。島根のえっちゃんの田んぼを見に行っているが、あの環境の素晴らしさを見ているので、安心している。安全が何より一番だと思っている。えっちゃんのお米は私にあっていると思う。またえっちゃんの人柄も感じられ、信頼している。

3

大阪府 女性
M.Oさん

購入商品
無農薬米(玄米)、減農薬米

山から最初に流れてきた
綺麗な水で作られた米だと分かり、安心している。
きっかけは、仕事で島根に来た時に、えっちゃんを紹介されました。そのまま田んぼを見に行った。そのとき田んぼを見たらこの田んぼの米を食べてみたいと思った。毎年無農薬の玄米は、在庫がなくなるまで注文している。玄米は農薬など使っていた場合、そのまま身体に入ってしまうので、どこの誰がどのようにして作っているかは大事なことだと思う。田んぼを見たときに、山から最初に流れてきた綺麗な水で作られた米だと分かり、安心している。えっちゃんの米は、香がとてもいい。他のお米とは全然違う。白米を比べるように玄米も比べてみると、とても分かりやすい。

5

東京都 女性
日野 則子さん

購入商品
米、餅

子どもは成長の段階で、
本物の味覚を育ててやるのが親の勤めだと思う。
料理研究家中村成子先生の息子さんの母校の保護者会のお料理教室で紹介された。えっちゃんのお米や餅を使ったメニュー教えてもらい、お正月料理なども作った。
えっちゃんが、上京した時にお会いした。その後、島根には何度か行っており、雲南市や吉田村の農協の米も比べてみたりした。一味同心塾へも泊まり、えっちゃんのお米を育てる環境の素晴らしさとまじめな姿勢を感じた。子どもにTVのない生活を体験や、畑や田んぼでどろんこの体験をさせてやることが出来て、ほんとうに良かった。島根の美しい山と、隠岐の綺麗な海を子ども達に見せてやることができて、良かったと思っている。いつかたたらの火入れを見たいと子どもが行っている。子どもは成長の段階で、本物の味覚を育ててやるのが親の勤めだと思う。えっちゃんの作物を通じて、感じて欲しい。生産者の顔が分かり、安心していただける今、自分も様々な人に紹介している。

6

東京都 女性

購入商品
無農薬米、餅、発芽玄米

綺麗な水と、えっちゃんの人柄や顔が分かり、
安心な米を口にすることが出来る。
きっかけは地元が出身だったことです。生活排水の入っていない、綺麗な水と、えっちゃんの人柄や顔が分かり、安心な米を口にすることが出来る。他の仁多米とブレンドされていないし、他の米とツヤが違う。米のツヤは旨味成分。これは稲の作り方だけじゃなくて、精米の仕方でも変わってくる。美味しい米を作って食べてもらおうとするえっちゃんの人柄だと思う。魚沼産のコシヒカリとはまた旨さが違う。まじめに農業をして、えっちゃんが苦労してやっと日の目を見れるようになったので、これからも食べて行きたいし、応援していきたい。

7

岡山県倉敷 女性
O.Yさん

購入商品
米、餅、干し椎茸

たくさんの赤とんぼや露に濡れてキラキラ輝くくもの巣が、
えっちゃんの田んぼにはまだ残っている。
息子が島根県松江市に住んでいます。仁多米は美味しいといっていたので、早速ネットで調べたところ、えっちゃんをサイトで知った。美味しい。香が良い。炊き立てのひとくちが「あぁ〜違う!」と思う。値段は正直高いと思ったけど、食べてみて、えっちゃんの田んぼを見て、一生懸命稲を育てているのを見たら、違うと思った。えっちゃんは、このお米の金額に見合うように、正直に一生懸命作ってくれているのだと思う。日本で見れなくなった、たくさんの赤とんぼや露に濡れてキラキラ輝くくもの巣が、えっちゃんの田んぼにはまだ残っている。この岡山の山でももう見られなくなってしまった日本の原風景がここにはあるように思う。干し椎茸は絶品。戻すときもいい香が立ち込め、味付けしなくても食べれてしまうほどの美味しさだと思う。他の椎茸とは全然違う。

9

東京都 女性
園子さん

購入商品
無農薬米、減農薬米、餅

たまに切らして違うお米を買うと、
家族は「えっちゃんのじゃない!」と直ぐ分かる。
雑誌にレシピやライフスタイルを紹介する料理研究家の友達が、仁多米を使って料理をしていた。彼女はオーガニックを使っており、食材はパワーが付くものを選んで作る人。えっちゃんのお米を1キロ分けてもらったら、ものすごく美味しかったので買い始めた。紹介してもらう前は、他の無農薬の仁多米を買っていた。食べているものを目の前でどのようにして作られているか、見ることは大切。子どもと田植えの体験をさせてもらって、えっちゃんの人柄を知ってるから、買っている。顔が見えていることはとても大切だと思う。自分は、子どもの頃から米は嫌いで、食べなくても平気だった。しかし子どもと主人は大のご飯党。たまに切らして近所のオーガニックのお米を買うと、「えっちゃんのじゃない!」と直ぐ分かる。冷めても、モチモチして美味しいので家族は、えっちゃんのお米が大好き。1年にお餅はせいぜい1個ぐらいしか食べない私が、この玄米餅を始めて食べた時、余りにおいしくて3個も食べてしまった。なんでこんなことになってしまうのか自分でも不思議だった(笑)ほんとうに美味しい。

10

福岡県 女性
O.Mさん

購入商品
無農薬米、餅

コンバインも使わず、最後までしっかり天日干しした米を
頂くのだから、納得がいく。
広島のデパートで仁多米のおにぎりを販売していた。そこで主人が、天皇陛下が海外の来賓をお食事にお招きになる時、仁多米を指定され、ご所望されたとの話を聞いて食べてみたくなった。
1キロ300〜500円が平均と聞く。去年の秋に、えっちゃんちの田んぼを見た。このお米は、無農薬でしかも生活排水の入っていない、コンバインも使わず、最後までしっかり天日干しした米を頂くのだから、納得がいく。最近玄米食を始めたが、とても美味しい。普通の炊飯器を使っているけど、上手に炊ける。他の玄米より簡単、しかも美味しい。

12

静岡県 女性
中島 睦子さん

購入商品
無農薬米、餅、発芽玄米、野菜

日本人の身体にあった食物は
大切にしなければならないと思う。
かれこれ20余年、えっちゃん農園で買っています。元来、無農薬米を全国から取り寄せ、味噌も糀も全て国産のものでと考えている。当時、岐阜から無農薬米を取り寄せていたが、そのお米の偽装が分かり、ショックを受けたところだった。お米は炊きたては大きく変わらないが、冷めてからだと違いは大きい。小さな子どもや、犬などは本能的に直ぐ分かるようで、「いつものではない、ここのが(えっちゃんのお米が)おいしい」と言い当てる。子どもの小さい頃から味覚形成に食は大事。食品添加物ばかりだと、味覚が鈍くなる。20年前に外国人の友人に「日本人の若者は、浮き草の上で踊っているように見える」といわれたことがある。サプリメントや薬に頼るのではなく、日本人が日本人の身体にあった、この風土から培った本物の食物をとることで身体は健康になる。だからえっちゃんの作っている水田をみてわかるように、日本人の身体にあった食物は大切にしなければならないと思う。減反政策ではなく、日本人の体のために日本人が日本の水田で出来たものを食べることが大切だと思う。

えっちゃん特選仁多米 えっちゃんの仁多米無農薬米【玄米】

全国一律送料800円(北海道・沖縄1,500円)送料は総重量が30kg以内の金額となります。総重量が30kg以上の場合は「特定商取引に関する表記」のページを参照して下さい。

※こちらは玄米です。精米をご希望の方は⇒えっちゃんの仁多米無農薬米